死んだら映画館に

鬱病患者の映画ブログ

奇跡の丘

f:id:utuNezumi:20190502024736j:plain
解説

マタイによる福音書から監督としては日本初登場のピエル・パオロ・パゾリーニが脚色・監督したキリスト伝。撮影は「乞食」「ママ・ローマ」(共に日本未公開)でパゾリーニと組んだトニーノ・デリ・コリ、音楽はルイス・エンリケス・バカロフで、バッハ、プロコフィエフ黒人霊歌などを駆使している。出演は、キリストにスペインの学生エンリケ・イラソキ、マリアに女学生マルゲリータ・カルーソ、年老いたマリアに監督の母親スザンナ・パゾリーニが、また使徒たちには監督の友人である詩人、評論家、作家それに農夫や体操選手など素人ばかり。

ストーリー

予言者の言葉通り、ヘロデ王の代にべツレヘムの大工ヨゼフの婚約者マリアは、聖霊によって懐妊し、生まれた子はイエスと名づけられた。迫害を逃れるため行っていたエジプトからイスラエルにもどり、ガラリヤで成人したイエス(E・イラソキ)は、ヨハネのもとで洗礼を受けた。その時天から声かひびきわたり、イエスが神の子であることを告げた。彼はただひとり、荒野で四十日間の断食、さらに悪魔と対決し、退けた。その後イエスはガラリヤ全地を巡り歩き、教えを広め始めた。群衆を伴って山にのぼっては、神の国の福音を説ききかせた。そしてイエスは数々の奇跡をも行なった。しかし、悔い改めるものばかりではなかった。イエスは、自分が長老や司祭たち、律法学者たちから苦しみを受け、殺されることを知っていたが、それでも怖れずエルサレムめざして布教の旅を続けた。エルサレムについたイエスは、長老や司祭たちの偽善を責め、最後の審判の日の近いことを説くのだった。やがて過ぎ越しの祭りの日、十二人の弟子とともに晩さんの席についた。そして「この中の一人が私を裏切るであろう」といった。預言通り、イエスは弟子の一人ユダに売られ、ゴルゴタの丘で十字架にはりつけになった。それから三日目、イエスは復活し、十一人の弟子の前に姿を現わした。...

スタッフ

監督 ピエル・パオロ・パゾリーニ

脚色 ピエル・パオロ・パゾリーニ

撮影 トニーノ・デリ・コリ

音楽 ルイス・エンリケス・バカロフ

キャスト

エンリケ・イラソキ イエス

マルゲリータ・カルーソ 母マリア(若い時代)

スザンナ・パゾリーニ 母マリア

マルチェロ・モランテ ヨセフ

マリオ・ソクラテ 洗礼者ヨハネ

セティミオ・デ・ポルト ペトロ

アルフォンソ・ガット アンデレ

ルイジ・バルビーニ ヤコブゼベダイの子)

ジャコモ・モランテ ヨハネゼベダイの子)

ジョルジョ・アガンベン フィリポ

グイド・チェレターニ バルトロマイ

ロザリオ・ミガーレ トマス

フェルッチョ・ヌッツォ マタイ

マルチェロ・ガルディーニ アルファイの子ヤコブ

エリオ・スパツィアーニ タダイ

エンゾ・シチリアーノ シモン(熱心党)

オテロ・セスティリ ユダ(イスカリオテ

ロドルフォ・ウィルコック カヤファ

アレッサンドロ・クレリチ ポンテオ・ピラト

アメリゴ・ベヴィラッカ ヘロデ大王

フランチェスコ・レオネッティ ヘロデ・アンティパス

フランカ・クパーネ ヘロデア

パオラ・テデスコ サロメ

エリゼオ・ボッシ アリマタヤのヨセフ

ナタリア・ギンズブルグ ベタニアのマリア

作品データ

原題 Il Vangelo Secondo Matteo

製作年 1964年

製作国 イタリア

上映時間 137分

配給 東和

※点数は適当です ネタバレを含みます

60点

Blu-ray 字幕

2019年178本目

毎月パゾリーニ 関係の作品を見ることにしてるので一度見たことあるけど再鑑賞

パゾリーニ 監督作『アッカトーネ』の動画を作りました。がんばって作ったので是非見ていただきたいです。

URLはこちらです↓

https://www.youtube.com/watch?v=2OoHibNekPA&t=278s

パゾリーニ は『ロゴパグ』というロッセリーニゴダール、グレゴレッティとともにオムニバス映画の一つを監督しました。『La Ricotta意志薄弱な男)』と言うタイトルでオーソン・ウェルズが本人役でキリストに関する映画を撮影している様子を描いたものです。この作品は、イタリア当局の検閲によって「国家の宗教にとって不愉快な物」として没収され、長い間上映禁止でした。法王の庁の怒りにも触れて、パゾリーニは半年くらい牢屋に閉じ込められてました。その翌年今作が作られたのですが、今作はカトリック教会でとても評判が良く「国際カトリック映画事務局賞」を受賞しています。反面、パゾリーニ が自分の母親に聖母マリアを演じさせたことにより「お前はキリストになりたいのか?」と、非難の声も上がりました。ちなみに、イエスの弟子を演じるのは、パゾリーニの仲間たちです。パゾリーニ自身も「イエスが好きで、イエスになりたい。カトリック教会は大嫌いだが」と発言しています。

あと、あのスコセッシがこの作品に影響を受けたと発言してますね。

映画の中身ですが、まず映像がとても美しいですね。南イタリアでロケをしたらしいです。

ほとんど素人で構成された役者陣の演技も作品の雰囲気にうまくハマってました。パゾリーニ のお母さんのスザンナさんも熱演でしたね。

ただ退屈!!淡々と進むストーリーは見る側に全く気を使っていません。ストーリーは淡々と進みますが話がなかなか頭に入ってきません。それはおそらくこの作品の原題は「Il Vangelo Secondo Matteo(マタイ福音書)」といい、マタイ伝のイタリア語訳をほとんどのセリフをそのまま使っているからだと思います。

個人的には『ロゴパグ』の『La Ricotta意志薄弱な男)』の方が面白くて好きでした。

でもまあ、パゾリーニ 作品は一貫して変わったことをやっているので一見の価値はあるかと思います。